乾燥肌向け

IPSシャンプー(株式会社IPSコスメティックス)のおすすめポイントコスメティックスの中でも化粧下地は化粧の基礎で
あり、 このベイスメイクをキレイに仕上げることに
よって肌全体を明るく美してくれるメイク成功への
近道になります。

 

コスメティックスは様々な肌の方に合わせたものがあるため、
乾燥肌に向けた化粧下地の選び方を紹介します。

乾燥肌向けのコスメティックスは潤いを保つために
べたつきのあるコスメティックスが多くあります。

IPSコスメティックスというブランドの持つイメージ

しかしべたついたコスメティックスは不快感を与えてしまいます。

肌に塗った瞬間にスーっと肌に入っていく、べたつきの少ないもの
を選びましょう。

また仕上がりがしっとりとする化粧下地を選びましょう。

乾燥肌の人の肌は、肌がカサカサとした状態であるため
潤いがありません。

この状態だと化粧の基礎となるベースメイクののりが悪いため
仕上がりもよくありません。

お勧めはIPSコスメティックスの化粧品となります。


肌トラブルの元!?乾燥肌の原因とは

お肌に含まれる水分や油分が不足している状態のことを乾燥肌と呼び
カサついたり洗顔後につっぱった感じがします。

乾燥肌になる原因は、角質層にあるバリア機能が失われているからです。
正常に働いているとお肌の内部に水分を閉じ込め、潤いを保ち続けてくれます。

また、紫外線などの外部刺激からも守ってくれるので、シミなども少なくなります。

しかしターンオーバーの乱れなどが原因で正常に機能しなくなると、
お肌の内部にある水分が飛散し乾燥してしまい、外部からの刺激も防いでくれません。

紫外線を長時間浴びたりするのも機能が低下する原因なので、
乾燥肌を防ぐためにはしっかりとした対策をしなければいけません。

ストレス

ターンオーバーの乱れは、ストレスなどが原因と言われています。

ストレスが原因でサイクルが速くなったり遅くなったりするので、
適度に運動をするなどして発散させましょう。

バリア機能を正常に働かせることができれば、お肌が乾燥して
しまうことはありません。

コスメティックスにもこだわりを

ベースメイクののりをよくするためにも、仕上がりがしっとりとしたものを選びましょう。
購入する前には薬局などにあるコスメカウンターで、一度手にとってみて試してください。

こういったベースメイクののりを更に良くするには、IPSコスメティックスの
スキンケア製品を使うのが効果的です。

IPSの美容液のタイプ
IPSコスメティックスの美容液は1本で全てを補えるオールインワンタイプとなっており、
スキンケアに必要な多くの美容成分が贅沢に凝縮されています。
もちろん、乾燥肌の方にもお使いいただけるようになっています。

また、IPSコスメティックスの美容液は夜用と昼用に分かれているため
時間帯によって使い分けることで、化粧ののりの違いをより実感できるでしょう。

 

ストレスは美容の悪影響や心身症に繋がる

美肌、ひいては若々しさを保つためにはスキンケアやメイクといったテクニックの
追求していくだけでなく、心身の健康に気を遣わなくてはならないです。

それは美容の要であるターンオーバーが生活習慣の乱れや強いストレスで容易く、
崩れてしまうからに尽きます。

そもそもストレスの影響力は人間が思っているよりも神経やホルモン、免疫力に
影を落とすものです。

先述した3つの機能を介して体の異常を引き起こし、重度であれば機能的な障害こと
心身症を引き起こす事が確認されています。

体の異常

心身症とは強いストレスが慢性的に持続する事で発症する障害で、頭痛をはじめ、
高血圧や糖尿病、気管支喘息に皮膚炎など体のあちこちに異常をもたらします。

身近な例を挙げるなら嫌な緊張感を味わい続けるとお腹が痛くなったり
胸がドキドキしたりしますが、前者は過敏性腸症候群と呼ばれる消化器官の
運動もしくは分泌機能が過剰になってもたらされる病気で、
後者は甲状腺機能亢進症はホルモンの分泌が活発になって悪影響を与える疾患です。

以上がストレスによる主な身体的な異常ですが、ストレスの影響
これだけではありません。

お腹が空いているのに食欲が湧かず、最低限の意欲すら出てこないうつ状態に
眠ろうとしてもなかなか寝付けない不眠、これといったトラブルや緊張する
ような出来事は控えてないはずなのに拭う事が出来ない不安など精神面にも
影を落とします。

うつ状態のケアは一筋縄ではいきませんが、不眠と不安であれば簡単なケアは可能です。

前者であれば眠れないストレスから解放するために眠る事を一度諦め、
リフレッシュするために暫く起きていたりホットミルクを飲んで
リラックスしたりなど気分を変える方法が推奨されています。

後者はホルモンバランスの乱れ、更年期や生理前の女性に多いとされているので
生活習慣を改善する方法が定番です。

この生活習慣の改善は身体的な異常を発症した際にもケアとして推奨されており、
他にも薬物治療や自律神経を安定させるための運動、原因であるストレスを
取り除くための環境の改善や精神面からアプローチした精神療法が基本的な
ケアとなっています。

とはいえストレスが及ぼす悪影響は心身どころか、言動を狂わせてしまう
可能性も高いです。

ストレス発散方法であるアルコールの摂取や買い物から依存症になり、
脳のプロセスが麻薬を使用したような仕組みになっていき、本来であれば
守らなくてはならない生活よりも依存対象を優先させてしまいます。

こうなったら最後、専門の病院や医師に相談するしかないです。

 

「ストレス」の語源はカナダのセリエ博士の学説

ストレスの語源、それは1936年にカナダのセリエ博士が「ストレス学説」を
発表した事から始まっています。

元々ストレスは物理学の言葉で、その意味は「外からかかる力によって生じる
物質の歪み」でした。

現在でもこの意味は一般的にも通じていますが、医学的な意味での正しい
ストレスの名称は「ストレス反応」です。

外部からの刺激の原因はストレッサーと呼び、その刺激に対する心身の反応を
「ストレス反応」としています。

ストレッサーと成り得る刺激は人間関係や介護の問題、借金など生きていく上で
現れる問題ばかりです。

そうした問題を適切に対応し、あるいは家族や職場の支援が万全な環境であれば
ストレスは刺激こと出来事として処理されます。

ところが対応を失敗してしまったり、周囲の支援が少なかったりなど抱えきれなく
なった場合は心身への異常として反応を引き起こすわけです。

具合が悪くなる

その異常は大まかに分けてまず3種類に挙げられます。

1つは頭痛や高血圧などの身体的な異常、もう1つはうつや不眠といった精神的な異常、
そして最後の1つはアルコール依存症などの行動の異常です。

最初から身体的な異常を引き起こしているならともかく、精神的な異常から
スタートした場合は行動がおかしくなっていき、最終的に身体に悪影響を
及ぼすプロセスがあるのが特徴的と言えます。

ストレスによる悪影響は誰にでも起こりやすく、たとえストレスを感じなかった
としても仕事中に覚える緊張感によって血圧が上昇してしまい、脳卒中や心筋梗塞の
リスクが高くなってもおかしくはないです。

とはいえストレスがない生活が良いというわけでもありません。

ある日セリエ博士のもとにやってきた研究者が「ストレスを感じない人間はいるのか」と
質問したところ、博士は「いる」と答えてその研究者を近くの墓場に案内したエピソード
が伝えられています。

すなわち、ストレスを感じない人間は死人のみというわけです。
同時に博士は「ストレスは人生のスパイスのようなもの」と語っています。

生きていれば些細な事から重大な事にまで人間は悩み、その度にストレスを
感じるのは免れないです。

しかしそのストレスをもたらす事柄が自身を見つめなおすきっかけを与えてくれたり、
前向きな考え方をするための変わるチャンスをくれたりなど人生を彩ってくれます。

そのためには上手に付き合っていくコツを知らなくてはならないです。

運動を心掛けたり、日光浴をしたりなど小さな事でも良いので体に良く、IPSコスメティックス化粧品を使い、
心にも優しくすればコントロールは可能となります。