成分へのこだわり

活き活きと活躍するために IPSコスメティックスはシャンプーや化粧品の他にも洗顔やサプリメントなどもあります。IPSコスメティックスが人気の優秀化粧品の秘密

ブームは1990年頃から!日本における「サプリメント」の扱い

今では健康補助食品やダイエット食品としてサプリメントを服用している人が沢山いますが、大昔から愛飲されていた訳ではなくその歴史は古いようでけっこう新しいです。

日本で販売されるようになったのは1990年頃からで、その背景には国民の健康意識の
高まりやテレビ番組の紹介によりその存在が広く知られるようになった点を挙げること
ができます。

また医療費高騰の対策として規制が緩和されたことも大きく、それにより日本でも
気軽にサプリメントを購入出来るようになり多くの人が健康を維持するために購入
するようになりました。

ここでポイントとなるのが日本ではサプリメントは栄養補助食品と呼ばれていることで、
ビタミンやミネラル、アミノ酸等を気軽に摂ることが出来るので人気があり利用する
人の数も年々増加しています。

このサプリメントが日本で販売されるようになったのは1990年代になってからのことで、
それまでは気軽に手に入らなかった点はよく知っておいた方が良いです。

IPSコスメティックスの特徴は成分にこだわっている点にあります。
体につけたり飲んだりするものですので健康に直結するからです。

 

成分に対するこだわりといえば独自に開発したものを入れている点にあります

これは研究によっていろいろなものをブレンドしたものなのですが、
実際に効果と安全性があるということが判明して入れているのです。

またその他サプリメントなどにしても成分には余計なものをできるだけ
入れないようにしています。

IPSが造る全てのサプリメント

主になるものは人間の健康維持のために幅広い栄養素を入れています。

バランスよく配合することによって健康や美容の目的を達成できるのです。

 

また、サプリメントを作るときには体にいい要素の他にもサプリメントという
形状にするための副成分も入れなければいけません。

しかしこれが体に悪い添加物が含まれている場合もあるのです。

IPSコスメティックスは健康を第一に考えていますので、害のある添加物は
一切入れてないのです。だからこそ毎日続けられるのです。

 

健康で楽しい毎日
健康や美容を維持するためにはとにかく危険なものから遠ざけることが大事なのです。

良かれと思って飲んでいるサプリメントに悪い添加物が含まれていては意味が
ないですもんね。

ですから、自分でも成分表示などに気を配ることで良いものを厳選できるでしょう。
知るということは大切なことですね。

 

食品添加物はなぜ必要?役割を知る

食品添加物は食品衛生法において、食品の製造過程で食品の加工や保存などの目的に
よって食品に添加したり混和する方法により使用するものになっています。

以前法律では合成添加物だけ添加物に指定していましたが、現在天然や合成の区別が
なく添加物として認知されています。

例えば以前から着色するため使用されていたシソの葉やクチナシは、現在エキスで
着色料に使用されている種類です。

日本では加工し保存したり、味をつける際に使う調味料や保存料、着色料を纏めて
そう呼んでいます。

食品添加物

安全性や有効性について科学的に評価されていて、厚生労働省によって認めたものが
利用できるルールです。

400種類以上の天然添加物について認められており、食品の栄養価を保持させたり、
特定の食事を必要にしている消費者のため食品の製造において必要な原料や成分を
供給するもの役割があります。

食品の品質を保持したり安定性を向上することができ、味覚や視覚などの感覚刺激特性
も改善することが可能です。

添加物にはいろいろな役割があり、ゼリーやプリンなどデザートに含まれていて、
おいしくするために欠かせません。

香料や食感を作るゲル化剤などが使われていて、舌触りをつくる安定剤も大切な役割を
果たしています。

食品を長持ちさせる作用があり、生活を便利に豊かにするには不可欠です。

肉や魚といった生鮮食品はそれほど日持ちがしないので、保存料や殺菌剤と
いったものにより食品を長持ちすることができます。

練り製品の原材料になっている魚は水揚げされた時に添加物が加えられていて
すり身に加工されています。

すり身になると冷凍保存することができ、遠方にある工場にも運搬しやすいです。

かまぼこやちくわなど更に加工することが化膿です。
肉の場合ハムやソーセージなどに加工でき、おいしい色を維持しながら腐らないよう
添加物がうまく働いてくれます。

添加物を上手に活用しないとハムやすり身などはすぐに腐るので、食中毒の危険性が
高くなるでしょう。

ゼリーの独特の食感がなくなり、パンはふくらまずパサパサした食感になってしまいます。

かまぼこは歯ごたえが低くなり、食の安全を維持することができないだけではなく、
食生活が味けないものになります。

昔から伝統的に使われているアイテムがあったり、地域の食生活において根付いて
きたものは多いです。

添加物が入っている食品よりも無添加食品が安全であるという考えについて、
科学的な根拠に関して実は何もありません。

感情的になり思い込みで商品を選択するのではなく、安全かどうか科学に基づき
判断しながら商品を選びましょう。

 

食品添加物の安全基準

無添加と表示された食品がありますが、無添加表示は行政では定められたルールが
ありません。

保存料不使用と表示していますが、それ以外の添加物で代替するケースもあるでしょう。

保存料不使用と記載されていると体に良い食品と誤解する人もいますが、
無添加食品は安全という考えについて科学的な根拠がなく、無添加は安全な
ものと信じてしまうことにより紛らわしい表示が多くするケースを助長して
いるかもしれません。

消費者は感情的にならず思い込みで商品を選ばずに、本当に安全かどうか判断する
必要があります。

安全基準

添加物は戦後からリリースされるようなイメージがありますが、伝統的に利用
されてきたものも多いです。

日本では昔から豆腐など海外の食文化を活用していて、世界貿易時代の現在に
おいていろいろな輸入食品が食卓に上るようになりました。

問題になるのが輸入食品の安全性についてで、食品はもちろんさまざまな製品が
世界各国において輸出入され動き回っているのが現状です。

安全基準を世界的に統一するため、世界保健機関であるWHOと国連食糧農業機関の
FAOが共同で設立した食品国際規格を規定するコーデックス委員会の協力組織として
JECFA(合同食品添加物専門家会議)の審査機関を設けられました。

この機関は各国の専門家が集まり定期的に会議を開催していて、各国の研究データ
をもとにして、添加物規格の評価や安全性チェックを行っている機関です。

食の安全を守るため添加物の量が重要で、例えば一度に200g以上塩を摂取すると
いけませんが、塩は毒ではありません。

一日7g以下だと毎日食べ続けても害がなく、量が少なければ悪影響がでないので
摂取量によって安全かどうかが決まる仕組みです。

食の安全の世界において無毒性量が決められていて、添加物を使う量を少なく
していくと毒性がないところに行くでしょう。

害のない安全な量を決めていきこれが無毒性量になり、無毒性量の1/100の量は
一日摂取許容量(ADI)として一日に安全に使用できる量として規定されています。

毎日食べ続けても影響のない量になるので、添加物や残留農薬の基準値などにも
利用することが可能です。

日本は厳しい安全基準になっていて、大幅な安全域に設定しているのでこの10倍や
20倍を超えても健康にすぐ害が出ることはありません。

日本の食品は安全で、食品を提供する企業はもちろん行政も、毎日の安全を守るため
日々努力を続けています。